JF1IIP(怪盗列車)

混ぜると危険!萌え鉄スタンドマンの断末魔の叫び
<< June 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< 「鉄道模型と電子工作」のマイコン使用記事について | main |

Arduino Motor Shield

・・・の存在を知らなかった私、はじめて見たときは目からうろこでした。
モーター2系統またはステッピングモーター1個を動かすことができるものですが、モーターとの接続はねじ止めで可能、また電流を測るセンサーまでついています。最大で2Aまで流すことができるので、鉄道模型用のパワーパックにも応用できそうです。

ちょっと怖い発想ですが、電流センサーがあるので、モーター制御からフェールセーフまで、すべてソフトウェアで実現できます。そういう勉強をするためのものと思いますが、作例としてはちょっと怖いかなとも思ってしまいます。
電子工作 | permalink | comments(0) | trackbacks(0)

この記事に対するコメント

コメントする









この記事のトラックバックURL
http://jf1iip.jugem.jp/trackback/1113
この記事に対するトラックバック