JF1IIP(怪盗列車)

混ぜると危険!萌え鉄スタンドマンの断末魔の叫び
<< October 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< Arduinoの利便性 | main | Arduino Motor Shield >>

「鉄道模型と電子工作」のマイコン使用記事について

書籍「鉄道模型と電子工作」のマイコン使用記事ですが、指定したPICに限らず、他のマイコンやマイコンボードでも実現する事が出来ます。

現在、PICにプログラムをする環境はMPLAB X IDEが肥大化し、純正のPICライターであるPICkit3も5,500円以上するなど、ハードディスクにもお財布にもあまり優しくないものとなってしまいました(もちろん、複数のものを作ったり量産したりするのでしたら、この投資も十分に回収できます)。

そこで、もう少し敷居の低いものを探してみると、先に挙げたArduinoと、PCNが発売しているIchigoJamというマイコンボードがそこそこ良さそうだと思います。

Arduinoは別エントリの通りですが、搭載しているATmega328Pは秋月電子で250円と比較的安く、16MHzのセラロックと併せても300円しませんので、小物を数個作るにはもってこいです。

IchigoJamはこどもパソコンという触れ込みで作られたBASICインタプリタで動くマイコンで、PS/2キーボードとテレビ(ビデオの黄色端子につなぎます)、スマホの充電器が必要ですが、お値段が1,500+税と格安です。ただし、I/Oポートが少ないので、拡張性はArduinoに譲ります。

書籍に掲載している「LED信号機」「デモンストレーター向けパワー・パック」「デジタル電圧計・速度計」ですが、Arduino、IchigoJamともに移植が可能と思います。ただし、デジタル電圧計・速度計をIchigoJamに移植する場合は、LED表示器に出すだけのI/Oポートが足りませんので、テレビ画面に表示する形になります。また、パワーパックのPWMは、書籍のPIC版ではソフトウェアで対応していますが、Arduino、IchigoJam共にマイコンボードのPWM機能で実現できますので、プログラムは少し簡単になると思います。

先の通り、今後、移植例を用意したいと思いますが、「我こそは」という方は是非チャレンジしてみてください。
電子工作 | permalink | comments(0) | trackbacks(0)

この記事に対するコメント

コメントする









この記事のトラックバックURL
http://jf1iip.jugem.jp/trackback/1112
この記事に対するトラックバック