JF1IIP(怪盗列車)

混ぜると危険!萌え鉄スタンドマンの断末魔の叫び
<< August 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 試してみようと思ったのに忘れ去られているもの | main | 音楽鑑賞!ヘッドホン派 or イヤホン派 or スピーカー派? >>

自動車のナンバープレートにある封印

普段、なにげなく見たり乗ったりしている自動車ですが、後ろのナンバープレートに封印があるのをご存知でしょうか。よく見れば、ついているものとついていないものがありますが、それは後述するとして・・・

自動車のナンバープレートに封印がしてあるのは、自動車は財産として見られていることが大きいようです。事実、自動車を買うのに実印と印鑑証明が必要ですが、これは家を買う時も同じですから、あながち間違いではないと思います。また、家と同じように財産に対して税金もかかります(=自動車税等)。

しかし、軽自動車のナンバープレートには封印がありません。しかも、実印ではなく認印で車を所有できます。理由を探ると軽自動車誕生の経緯までさかのぼりますが、要は、自動車は持てないけど仕事等でどうしても必要な人が乗るというものだったようです。要するに「道具」というカテゴリになり、財産ではないという扱いになったようです。

時代が変わり、自動車の進化とともに軽自動車も進化しましたが、今の軽自動車は運動性能も装備も格段に良くなりました。というか、良くなりすぎて、自動車を買う意味や軽自動車のカテゴリ自体を問われるようにもなりました。軽自動車に乗っている私からの意見ですが、「軽」という乗り物でいられるよう、このあたりで排気量や車体サイズ、装備などの見直しに着手したほうが良いのでは思うのです。
雑記 | permalink | comments(0) | trackbacks(0)

この記事に対するコメント

コメントする









この記事のトラックバックURL
http://jf1iip.jugem.jp/trackback/1099
この記事に対するトラックバック