JF1IIP(怪盗列車)

混ぜると危険!萌え鉄スタンドマンの断末魔の叫び
<< June 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< 業務放送 | main | 自動車のナンバープレートにある封印 >>

試してみようと思ったのに忘れ去られているもの

旧:怪盗列車ブログより、いろいろ試してみようと思ったのに忘れ去られているものが複数出てきましたので、すこしだけ書き出してみました。えらいことになっています(^^;

([続きを読む]をクリックしてお読みください)
--------

続きです。

・デジタル時計(2008年)
原発クロックをどうしようとかいろいろやっていましたが、私の部屋にAurexのオーディオタイマーが来てからというものの、時計を作るという気持ちがほとんどなくなってしまいました(^^;

・自作セキュリティ装置(2008年)
防犯カメラは、最近安くなったドライブレコーダーを流用できるので、かなりお手軽といえばお手軽になりました。
通報システムは秋月のメーラーボードver.2と通信環境があれば実現可能ですが、センサー回りをどうするのかにかかっています。

・無線機用無停電電源(2008年)
ACコンセントからカーバッテリーに充電ながら使うという方法。ヒントは初代ゲームボーイの充電式ACアダプタだったと思いますが、その数年後に東日本大震災が起きるとは・・・

・簡易ロジアナ(2009年)
これは構想が先行しましたが、今ならarduinoなどいろいろな方法が・・・

・ピンポンチャイム(2009年)
PICのCCP1で発振した音をGPIOに繋いだ抵抗で引っ張り下げて音を小さくしていく方法。うーん。
もちろん、買った方が安いけど、好きな音にできるのだけが・・・(^^;

・バッテリーモニター(2009年)
鉄道信号機のようなLED表示のバッテリーモニターを検討していました。
ヒントは、そう、PC用の「電池信号機」です。(C)自爆なあいつ

・オーディオタイマーもどき(2009年)
100円ショップで売っている目覚まし時計とワンショット回路、キープリレーで実現予定も、よくよく考えてみれば(ぴー)そのもので、三才ブックスから出ているヤバイ系電子回路のムックにしか投稿できない代物(^^;;;;;

・PICkit2書き込みアダプタ(2009年)
なんと完成品が世に出てしまうと言う奇跡。当然、作らなくても大丈夫な状態に。

・緊急地震速報や緊急警報放送で電源の入るラジオ(2010年)(2014年)
これも市販品が超高性能で・・・(^^;

・放送局の電波でLEDを点ける(2010年)
そういえば頓挫していました。これはおもしろそうな題材なので、またやってみたいと思います。

・CQマシン(2014年)
やば、これは作らないと、私の喉が持たない・・・(^^;

・鉄道模型パワーパックの回路改善(2014年)
パワーMOS-FETのゲートにかける電圧を作る件でした。4V駆動の2SK2232や2SK3140などは、3V前後にリニア部分があり、その幅が1V程度と小さいことから、そこをうまくやって可変幅を稼ごうというものでしたが・・・(^^;

・PIC16F57やPIC16F54(2009年)
・並4コイル(2008年)
・陸軍ターミナル大量購入(2009年)
どうしましょう(^^;;

電子工作 | permalink | comments(0) | trackbacks(0)

この記事に対するコメント

コメントする









この記事のトラックバックURL
http://jf1iip.jugem.jp/trackback/1096
この記事に対するトラックバック